クリスティアン・テツラフ バッハ無伴奏を弾く
<ソナタ&パルティータ全曲演奏会>

2015年11月14日(土) 開演:16時

  • 主催公演
  • クラシック
  • 紀尾井ホール

主催:日本製鉄文化財団

予定枚数終了

クリスティアン・テツラフによる至高のバッハ
現代最高峰のヴァイオリニストのひとり、クリスティアン・テツラフが満を持してヴァイオリン独奏作品の原点にして頂点ともいえる「バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲」を、一公演で弾き尽くします。
テツラフはこれまでソリストとしてたびたび来日していますが、自らリーダーを務め、初来日となる「テツラフ・カルテット」を率いて2014年10月紀尾井ホールに登場し、その鮮烈な演奏は大きな反響を巻き起こしました。
そして、今回は「バッハ無伴奏」で待望の再来です。
出演者
クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)
曲目
  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第1番ト短調 BWV1001 NAXOS
  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番 ロ短調 BWV1002 NAXOS
  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番イ短調 BWV1003 NAXOS
  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV1004 NAXOS
  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番ハ長調 BWV1005 NAXOS
  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006 NAXOS
  • 【備考】表示のある曲は試聴できます。詳細はこちら。
チケット料金(税込)
S席:9,000円 【予定枚数終了】 A席:6,000円 【予定枚数終了】 学生A席:3,000円【予定枚数終了】※当日券につきましては、公演の前日(11/13)に紀尾井ホールチケットセンター(03-3237-0061)までお問い合わせください。【紀尾井ホール開館20周年 友の会会員15%割引対象公演】
 

※乳幼児等未就学のお客様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。

※曲目は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

チケット発売日
2015年7月4日(土) [会場先行発売 7月3日(金)19時 紀尾井シンフォニエッタ東京 第100回定期公演]
チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
プレイガイド

チケットぴあ(Pコード:266-707)

イープラス

ローソンチケット(Lコード:34915)

お問合せ

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)

出演者プロフィール
  • クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)Christian Tetzlaff

    クリスティアン・テツラフは、20年以上もの間、コンサート回数が年間100回にのぼる充実した演奏活動を続けている。
    2014/15年シーズンはアメリカとカナダでのコンサートから始まり、テツラフ・カルテットではオーストリア、イギリス、ドイツ、韓国、日本へのツアーを行った。
    ベルリン・フィルのアーティスト・イン・レジデンスとして、室内楽のコンサートを2回、弾き振りのコンサートを1回、無伴奏リサイタルを1回、そしてサー・サイモン・ラトルの指揮でブラームスのヴァイオリン協奏曲を弾く。
    またパリにおいてダニエル・ハーディング指揮フランス放送フィル、シドニーにおいてデイヴィッド・ロバートソン指揮シドニー響との共演でミニ・レジデンスを務めている。この8月にはアンドリス・ネルソンス指揮ボストン響と、秋にはリッカルド・シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管とヨーロッパ・ツアーを行う予定。
    近年ではスウェーデン、オーストリア、ドイツにてハーディング指揮スウェーデン放送響と、カナダ、韓国、日本にてパーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィル、スロヴェニアとドイツでトゥガン・ソヒエフ指揮ベルリン・ドイツ響と共演、その他にもミュンヘン・フィル、スコットランド室内管、ロッテルダム・フィル、ネーデルランド・フィル、ケルン・ギュルツェニヒ管、ウィーン・フィル、ロンドン響、ウィーン響などと共演している。
    アメリカでは、ユライ・ヴァルチュハ指揮モントリオール響、ルドヴィック・モルロー指揮シアトル響、フランツ・ウェルザー=メスト指揮クリーヴランド管、マンフレッド・ホーネック指揮ピッツバーグ響と共演。ネルソンス指揮ボストン響とはボストンとニューヨークのカーネギーホールで演奏した。
    レコーディングは、既にヴァイオリンの主要作品のほとんどを録音している。最近ではピアニストのフォークトとの共演で、シューマンとモーツァルトのヴァイオリン・ソナタを録音。またハーディング指揮スウェーデン放送響との 共演でヴィトマンのヴァイオリン協奏曲を録音している。また2014年秋にヨーン・ストルゴーズ指揮ヘルシンキ・フィルとショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲のCDをオンディーヌ・レーベルよりリリースした。
    ドイツのヴァイオリン製作者、ペーター・グライナーの手による楽器を使用。フランクフルト近郊のクロンベルク・アカデミーで定期的に教鞭をとっている。

    クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)Christian Tetzlaff

    クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)Christian Tetzlaff

    ©Giorgia Bertazzi