紀尾井 明日への扉10
日橋辰朗(ホルン)

2016年1月22日(金) 開演:19時

  • 主催公演
  • クラシック
  • 紀尾井ホール

主催:日本製鉄文化財団

いまキラリと光る若手アーティストが開く「紀尾井 明日への扉」
-その向こうにある大きな未来と豊かな音楽の世界へご案内します。
紀尾井 明日への扉 第10回に登場するのは、ホルンの日橋辰朗。今年4月から読売日本交響楽団首席奏者を務め、その抜群の安定感は仲間からの信頼も厚く、歌心に溢れた演奏は多くの人を魅了する期待の俊英です。
出演者
日橋辰朗(ホルン)、松岡美絵(ピアノ)
曲目
  • ビュッセル:カンテコール 変ロ短調 Op.77 NAXOS
  • シューマン:アダージョとアレグロ 変イ長調 Op.70 NAXOS
  • グラズノフ:夢想 Op.24 NAXOS
  • キルヒナー:3つの詩曲 NAXOS
  • R.シュトラウス:アンダンテ ハ長調 AV58 NAXOS
  • F.シュトラウス:シューベルトの「あこがれのワルツ」による幻想曲 Op.2 NAXOS
  • パウエル:ホルン協奏曲
  • 【備考】表示のある曲は試聴できます。詳細はこちら。
チケット料金(税込)

一般 2,500円
学生 2,000円
<紀尾井友の会 会員>および 紀尾井サポートシステム<あおい会員>の方は、ご招待いたします。
【お申込み受付期間:~2015年12月18日(金)必着】

 

※乳幼児等未就学のお客様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。

※曲目は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
プレイガイド

ローソンチケット(Lコード:35728)

お問合せ

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時〜18時/日・祝休)

出演者プロフィール
  • 日橋辰朗(Hr) Tatsuo Nippashi

    1988年生まれ、東京都出身。12歳からホルンを始める。2010年東京音楽大学卒業。第26回日本管打楽器コンクールホルン部門第1位。及び特別大賞、審査員特別賞、東京都知事賞、文部科学大臣奨励賞を受賞。第80回日本音楽コンクールホルン部門第1位。及び岩谷賞(聴衆賞)、E・ナカミチ賞を受賞。2007~2011年小澤征爾音楽塾オーケストラメンバー。2010年NHK-FMラジオ番組「リサイタル・ノヴァ」に出演。2012~2015年木曽音楽祭、2013、2014年東京・春・音楽祭に出演。マイスターミュージックよりCD「プーランク:六重奏曲」「アルファ~ホルン・オリジナル作品集~」をリリース。ホルンを後藤照久、井手詩朗、水野信行の各氏に師事。2013年4月日本フィルハーモニー交響楽団に入団。同年10月から首席ホルン奏者を勤め、2015年4月から読売日本交響楽団首席ホルン奏者。

    日橋辰朗(Hr)  Tatsuo Nippashi

    日橋辰朗(Hr) Tatsuo Nippashi

    • 松岡美絵(Pf) Mie Matsuoka

      松岡美絵(Pf) Mie Matsuoka

      多くの機会「室内楽ピアニスト」と称される松岡美絵は、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー、バンベルク交響楽団首席奏者たちなど、日本のみならず世界のトップアーティストたちとの共演を重ねている。
      1990年PTNAピアノコンペティションデュオ上級全国大会1位および最優秀賞を獲得、1995年にはソロ特級入選を果たしている。国際交流基金の招待によりローマ、カイロ、ブリュッセル、インド、マレーシア、バンコクで演奏、各地で大好評を博す。
      梅光女学院高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学の嘱託演奏員を務める。
      ドイツ、マルクノイキルへン国際コンクール伴奏者特別賞受賞。