松田理奈 ヴァイオリンの偉人たちに寄せて
CDデビュー10周年リサイタル

2016年12月10日(土) 開演:14時

  • 主催公演
  • クラシック
  • 紀尾井ホール

主催:日本製鉄文化財団

残席僅少

艶やかな音色と確かなテクニックで奏でる名曲の玉手箱
第23回新日鉄住金音楽賞を受賞した松田理奈は、今年でCDデビュー10周年を迎えます。記念すべき年に演奏するのは、クライスラーやサラサーテらが19世紀末から20世紀初頭に書いた珠玉の小品の数々です。
「今のわたしが一番自信を持って発信できるのは間違いなくこれらの楽曲です。」
メッセージからは、確固たる信念でこの公演に臨む彼女の姿勢が読み取れます。自然体で作品の美質を引き出す松田理奈の集大成とも言うべきこのリサイタルにぜひご注目ください。
出演者
松田理奈(Vn),江口 玲(Pf)
曲目
  • ヴィターリ:シャコンヌ ト短調 NAXOS
  • パガニーニ:カンタービレ NAXOS
  • サラサーテ:カルメン幻想曲 NAXOS
  • エルガー:愛の挨拶 NAXOS
  • エルガー:朝の歌 NAXOS
  • エルガー:愛の言葉 NAXOS
  • イザイ:子供の夢 NAXOS
  • ドルドラ:思い出 NAXOS
  • クライスラー:愛の悲しみ NAXOS
  • クライスラー:メロディー(グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より) NAXOS
  • クライスラー:美しきロスマリン NAXOS
  • クライスラー:クープランの様式によるルイ13世の歌とパヴァーヌ NAXOS
  • クライスラー:ロンドンデリーの歌 NAXOS
  • クライスラー:踊る人形 NAXOS
  • クライスラー:コレルリの主題による変奏曲 NAXOS
  • クライスラー:テンポ・ディ・メヌエット NAXOS
  • クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ NAXOS
  • 【備考】表示のある曲は試聴できます。詳細はこちら。
チケット料金(税込)
S席4,500円【予定枚数終了】
A席3,000円【残席僅少】
学生A席1,500円【残席僅少】
ペアS席8,000円 友の会ペアS席7,000円【取扱い終了】
チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
webチケットお取扱い
紀尾井ホールウェブチケット
プレイガイド

チケットぴあ(Pコード:306-845)

イープラス

ローソンチケット(Lコード:35869)

お問合せ
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
出演者プロフィール
  • 松田理奈(ヴァイオリン)
    Lina Matsuda

    東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。2007年に同大学、2010年には同大学院をそれぞれ首席にて卒業。1999年に初ソロリサイタルを開催した後、2001年第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位、同コンクール史最年少優勝。2002年にはトッパンホールにて「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。2007年、サラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。第12回ホテルオークラ音楽賞、秋吉台音楽アカデミー賞受賞、2013年新日鉄住金音楽賞受賞。これまでにNHK交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団室内オーケストラ、ヤナーチェクフィルハーモニー室内管弦楽団、ベトナム交響楽団など数々のオーケストラや著名指揮者と共演。2006年ビクターエンタテインメントよりデビューアルバム『ドルチェ・リナ~モーツァルト2つのヴァイオリン・ソナタ他』をリリース。全国ツアーを各地完売で沸かせた後、2008年巨匠パーヴェル・ギリロフと録音した『カルメン』、2010年には紀尾井ホールにて清水和音とのリサイタルをライブ収録した『ラヴェル・ライブ』をリリースした。同年収録のイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲集は、「レコード芸術」誌上にて特選盤に選ばれた。

    松田理奈(ヴァイオリン)<br>Lina Matsuda

    松田理奈(ヴァイオリン)
    Lina Matsuda

    (C)Shigeto Imura

  • 江口 玲(ピアノ)
    Akira Eguchi

    東京芸大作曲科、ジュリアード音楽院ピアノ科大学院修士課程、及びプロフェッショナルスタディーを卒業。その後、欧米及び日本をはじめとする各国でのリサイタルや室内楽、協奏曲の他、ギル・シャハム、諏訪内晶子、竹澤恭子、アン・アキコ・マイヤース等、数多くのヴァイオリニスト達と定期的に共演。数多くのレコーディングでも高い評価を得ている。現在は東京、ニューヨークと二つの拠点を行き来し、国際的な活躍を続ける。作曲・編曲者としても実力を備えた大胆な解釈と表現技法で国内外を問わず活躍を続けている。現在、洗足学園音楽大学大学院客員教授、東京藝術大学准教授を務めている。

    江口 玲(ピアノ)<br>Akira Eguchi

    江口 玲(ピアノ)
    Akira Eguchi

    (C)堀田力丸