邦楽探検 詞章の謎 File.1 長唄「越後獅子」

2020年3月13日(金) 開演:14時

  • 主催公演
  • 邦楽
  • 紀尾井小ホール

主催:日本製鉄文化財団

わかりやすく詞章を紐解いてより音楽が楽しめる新シリーズ。
三味線音楽は、歌物や語り物として詞章を大切にしてきました。
しかし、その詞章が分かりにくい!そう感じている方へ、詞章を分かりやすく紐解いていき、実際に素踊りと演奏を鑑賞してもっと作品を楽しもうというシリーズです。

第1回は長唄「越後獅子」。
江戸時代に人気の合った角兵衛獅子の雰囲気を長唄に写し、リズミカルな調子と越後の名勝・風物を歌詞に織り込んで歌舞伎舞踊のために書かれました。

どうしてこのような歌詞になったのか?
踊りの振りとの関係は?

前半は、案内人の児玉竜一さんがじっくり謎を解き明かします。そして後半には実際に「越後獅子」を素踊りと演奏でお楽しみください。
出演者
西川扇左衛門(立方)、今藤長一郎、杵屋正一郎、杵屋喜太郎(唄)、今藤長龍郎、今藤政十郎、今藤龍市郎(三味線)、藤舎呂英連中(囃子)
曲目
  • 案内人
    児玉竜一
  • 長唄「越後獅子」
    立方  西川扇左衛門
    唄   今藤長一郎、杵屋正一郎、杵屋喜太郎
    三味線 今藤長龍郎、今藤政十郎、今藤龍市郎
    囃子  藤舎呂英連中
チケット料金(税込)
全席指定 4,000円
U29   2,000円*
*U29は公演当日に29歳以下の方ならどなたでもご利用いただけるチケットです。詳しくはこちらをご覧下さい。

※友の会割引は一会員様4枚までとなります。ただし、優先期間中は2枚までの販売となります。
 

※掲載の料金のほか、発券時に所定の手数料がかかります。手数料はお支払方法により異なります。

※出演者・曲目・演奏順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。

※乳幼児等未就学の方のご同伴・ご入場はご遠慮ください。

※演奏中のご入場はご遠慮いただいております。

チケット発売日
2020年1月9日(木)ウェブチケット/午前0時~・電話/午前10時~
友の会優先チケット発売日
2020年1月7日(火)ウェブチケット/午前0時~・電話/午前10時~
チケットお取扱い
紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時~18時/日・祝休)
webチケットお取扱い
紀尾井ホールウェブチケット
お問合せ

紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
(10時〜18時/日・祝休)

出演者プロフィール
  • 西川扇左衛門

    西川扇左衛門

    昭和51年東京都生まれ。叔父にあたる人間国宝、西川流十世宗家 西川扇藏に師事。同54年(三歳)「お月様」で初舞台。平成16年に名取、同19年に師範を許される。流儀の会や日本舞踊協会主催の公演・新作公演、国立劇場主催公演、日本舞踊振興財団主催の海外公演、東京文化会館主催「日本舞踊×オーケストラ」などに出演。文化庁主催「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」出演。日本舞踊協会主催の各流派合同新春舞踊大会において大会賞・奨励賞・会長賞受賞。「キッズ伝統芸能体験日本舞踊コース」講師。鴎伎会を主宰。

  • 今藤長一郎

    今藤長一郎

    昭和四十八年京都市生まれ。同五十四年今藤文子に師事、長唄(唄、三味線)を学ぶ。同六十三年藤舎呂船に師事、長唄囃子を学ぶ。平成元年今藤長一郎の名を許される。現在、邦楽演奏会、日本舞踊公演、NHKテレビ・ラジオ等に出演。

  • 今藤長龍郎

    ©ヒダキトモコ

    今藤長龍郎

    昭和四十四年東京都生まれ。同五十四年今藤綾子(人間国宝)に入門。同六十年今藤長龍郎の名を許される。平成三年東京藝術大学邦楽科を卒業。同十六年アテネオリンピックシンクロナイズドスイミング「ジャパニーズ・ドール」三味線パート演奏。同十七年ビクター伝統文化振興財団賞奨励賞受賞。同二十八年市川染五郎(現・松本幸四郎)ラスベガス歌舞伎公演「獅子王」作曲。長唄五韻会同人、現邦連会員、創邦21 同人。国立音楽大学非常勤講師。

  • 藤舎呂英

    藤舎呂英

    昭和四十一年大阪府生まれ。父は藤舎呂浩。宗家藤舎せい子に師事し、没後六世家元藤舎呂船に師事。平成元年東京藝術大学音楽学部卒業。現在、放送・舞台(舞踊公演・長唄演奏会等)・海外公演等、幅広く音楽活動を行う。同十八年第十回日本伝統文化振興財団賞受賞(同時にCD発売)。現在、藤舎流真しほ会、青濤会同人。いしかわ子ども邦楽アンサンブル講師。

  • 児玉竜一

    児玉竜一

    昭和四十二年兵庫県生まれ。早稲田大学大学院から、東京国立文化財研究所芸能部、日本女子大学などを経て、早稲田大学教授。演劇博物館の展示などにも携わり、平成二十五年から演劇博物館副館長。専門は歌舞伎研究と評論。編書に『能楽・文楽・歌舞伎』(教育芸術社、平成十四年)、共編著に『最新 歌舞伎大事典』(柏書房、平成二十四年)、図録『よみがえる帝国劇場展』(早稲田大学演劇博物館、平成十四年)など。「朝日新聞」(東京)で歌舞伎評担当。紀尾井ホール邦楽専門委員。