紀尾井ホール室内管弦楽団 第126回定期演奏会
Kioi Hall Chamber Orchestra Tokyo / The 126th Subscription Concert

2021年5月21日(金) 開演:19時

  • 主催公演
  • クラシック
  • 紀尾井ホール

主催:日本製鉄文化財団

2021年5月22日(土)公演はこちら

本公演は内容を変更し、以下の条件のもと開催いたします。詳細は下記ご参照ください。
本公演は、出演を予定していました指揮者オッターヴィオ・ダントーネならびにソリストのデルフィーヌ・ガルーの来日見通しが立たないため、出演者・曲目を変更して開催いたします。
また、新型コロナウイルス感染予防の観点から、販売座席数を制限いたします。
何卒ご理解・ご了承のほどお願い申し上げます。

[出演]
指揮:垣内悠希
ヴァイオリン:玉井菜採(KCOコンサートマスター)
紀尾井ホール室内管弦楽団

[曲目]
【バレエ特集&ストラヴィンスキー没後50年記念】
モーツァルト:歌劇《イドメネオ》バレエ音楽~シャコンヌとパ・スール
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調
ストラヴィンスキー:ダンス・コンセルタント
ストラヴィンスキー/シェーファー:バレエ組曲《火の鳥》室内オーケストラ版[日本初演]



《定期会員の皆さまへ》
・本公演はお手元のチケットでご入場いただけます。
・ご来場をとりやめるお客様には「チケット券面額」にて払戻しいたします。
払戻し方法に関しては、ハガキにてご案内をお送りいたしますので、そちらをご参照ください。
3月28日(日)までにご案内がお手元に届かない場合は、紀尾井ホールウェブチケットまでメールでご連絡ください。
お客さまには大変お手数をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

公演にお越しいただく皆さまには、会場内外での感染防止対策にご協力をお願いいたします。当ホールの対策、お客さまへお願いする事項を必ず事前にご確認ください。



状況により、公演を中止する可能性がございます。その場合は当ウェブサイト等でお知らせいたします。

出演者
垣内悠希(Cond),玉井菜採(Vn),紀尾井ホール室内管弦楽団
曲目
  • モーツァルト:歌劇《イドメネオ》バレエ音楽 K.367 ~シャコンヌとパ・スール(1781)
    Wolfgang Amadeus Mozart: Ballet music for the opera “Idomeneo” K. 367 -
    No.1 Chaconne & No.2 Pas seul de Mr. Le Grand
  • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 K.218(1775)
    Wolfgang Amadeus Mozart: Violin Concerto No. 4 in D major K. 218
  • ストラヴィンスキー:ダンス・コンセルタント(1942)
    Igor Stravinsky: Danses concertantes for chamber orchestra
  • ストラヴィンスキー/パウル・レオナルト・シェーファー:バレエ組曲《火の鳥》室内オーケストラ版(1910/1945/2018)[日本初演]
    Igor Stravinsky: The Firebird (L'Oiseau de feu), Suite for orchestra (1945) arranged for chamber orchestra by Paul Leonard Schäffer (2018) [Japan premiere]
チケット料金(税込)
S席 8,800円 
A席 7,800円 
B席 5,800円 
U29* A席2,000円 
U29* B席1,500円 
*U29は公演当日に29歳以下の方を対象とする割引料金です。詳しくはこちらをご覧ください。
※各会員割引は1会員様4枚までとなります。
※定期会員の方で、特別なご事情により公演日振替(金→土/土→金)をご希望の場合は、こちらをご覧ください。

※2021年度定期会員の新規募集はおこないません。ご了承ください。
 

※料金は税込です。本紙掲載の料金のほか、発券時に所定の手数料がかかります。手数料はお支払方法により異なります。

※やむを得ない事情により公演中止となる場合には、チケットご購入金額にて払戻しいたします。手数料等の払戻しはございません。予めご了承ください。

※出演者・曲目・演奏順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。

※乳幼児等未就学の方のご同伴・ご入場はご遠慮ください。

チケット発売日
2021年4月3日(土)午前0時
友の会優先チケット発売日
2021年3月31日(水)午前0時
webチケットお取扱い
紀尾井ホールウェブチケット
お問合せ
紀尾井ホールウェブチケット E-mail:webticket(at)kioi-hall.or.jp [(at)を半角の@に直してお送りください]
出演者プロフィール
  • 垣内悠希(指揮)Yuki Kakiuchi, conductor

    (C) Jean Philippe Raibaud

    垣内悠希(指揮)Yuki Kakiuchi, conductor

    2011年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝して国際的注目を集める。翌年には、東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会を指揮して東京デビューを飾り、「鋭敏な色彩感覚の反映された名演」と評される。
    これまで、フランス国立ボルドー=アキテーヌ管弦楽団、イル・ド・フランス国立管弦楽団、ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンスター交響楽団、サンクトペテルブルク交響楽団、ウィーン室内管弦楽団、チリ交響楽団などを指揮。
    国内では、東京都交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、広島交響楽団、九州交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢などに客演。2013年、ミュンスター歌劇場でオペラ・デビュー。同年3月には、小澤征爾氏の強い推挙を受けて小澤征爾音楽塾オーケストラを指揮して好評を博した。
    東京生まれ。6歳よりピアノを、14歳より指揮の勉強を始める。これまでに小澤征爾、佐藤功太郎、レオポルト・ハーガー、ヨルマ・パヌラ、ジャンルイジ・ジェルメッティ、エルヴィン・アッツェル、イザーク・カラブチェフスキー、湯浅勇治の各氏に師事。2001年東京藝術大学楽理科を、2009年ウィーン国立音楽大学指揮科を首席で卒業。次いで2011年同音大劇場音楽科特別課程を修了。2016年より3年間札幌交響楽団指揮者を務めた。今後、国内外でのさらなる活躍が期待されている。
    https://www.amati-tokyo.com/artist/conductor/post_2.php

  • 玉井菜採(ヴァイオリン)Natsumi Tamai, violin

    (C) ヒダキトモコ

    玉井菜採(ヴァイオリン)Natsumi Tamai, violin

    京都生まれ。桐朋学園大学在学中に、プラハの春国際音楽コンクール・ヴァイオリン部門に優勝、併せて審査委員長特別賞を受賞。東儀祐二、小國英樹、久保田良作、立田あづさ、和波孝禧らの諸氏に師事。
    桐朋学園卒業後、アムステルダム・スヴェーリンク音楽院にてヘルマン・クレバース氏に、また、ミュンヘン音楽大学マイスタークラスにてアナ・チュマチェンコ氏に師事。この間、J.S.バッ ハ国際コンクール最高位をはじめ、エリザベート王妃国際音楽コンクール、シベリウス国際ヴァイオリンコンクールなど、数々のコンクールに優勝、入賞している。また、平成14年度文化庁芸術祭新人賞、平成20年度京都府文化賞奨励賞など数々の賞を受賞。これまでに、ロシアナショナル管弦楽団、ベルギー放送交響楽団、ヘルシンキ・フィル、スロヴァキア・フィル、NHK交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団など、国内外のオーケストラと共演。ヨーロッパ各地、国内においてリサイタルを行い、室内楽奏者としての信頼も厚い。また紀尾井ホール室内管弦楽団のコンサートマスター、東京クライス・アンサンブルのメンバー、アンサンブル of トウキョウのソロヴァイオリニストとして、幅広く活躍している。東京藝術大学音楽学部教授。
    使用楽器は東京藝術大学所蔵のStradivarius ”Ex-Park” (1717年)

関連公演