大西宇宙&小林道夫 デュオ・リサイタル

2022年10月5日(水) 開演:19時

  • 主催公演
  • クラシック
  • 紀尾井ホール

主催:日本製鉄文化財団

バッハ演奏の権威にして歌曲伴奏の奥義を極めた音楽界のレジェンドと、米国のオペラハウスを拠点に活躍する気鋭のバリトン歌手との共演で、奥深きリートの世界をご案内いたします。

 
・公演にお越しいただく皆さまには、会場内外での感染防止対策にご協力をお願いいたします。
 当ホールの対策、お客様へお願いする事項を必ず事前にご確認ください。
 
 

出演者
大西宇宙(バリトン) 、小林道夫(ピアノ)
曲目
  • ベートーヴェン:《遥かなる恋人に寄せて》 op.98
    Beethoven: Liederzyklus „An die ferne Geliebte“ (Song cycle “To the distant beloved”) op. 98
  • シェーンベルク:2つの歌曲 op.1
    Schönberg: 2 Gesänge (Two Songs) op. 1
  • シューマン:《詩人の恋》 op.48
    Schumann: Dichterliebe op. 48
チケット料金(税込)
S席 6,500円
A席 4,000円
U29 A席 2,000円

※発券時に所定の手数料がかかります。手数料はお支払方法により異なります。
※U29は公演当日に29歳以下の方を対象とする割引料金です。詳しくはこちらをご覧ください。

※出演者・曲目・曲順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。
※乳幼児等未就学のお客様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。
※不測の事態で公演中止となる可能性がございます。その場合は当サイトにてお知らせいたします。
 やむを得ない事情により公演中止となる場合には、チケットご購入者に券面表示金額にて払戻しいたします。
 手数料等の払戻しはございません。また公演中止以外での払い戻しはいたしません。予めご了承ください。
チケット発売日
予定日時 2022年6月3日(金)正午 紀尾井ホールウェブチケット・チケットぴあ・イープラスともに
チケットお取扱い

チケットぴあ

イープラス

紀尾井ホールウェブチケット

お問合せ
紀尾井ホールウェブチケット E-mail:webticket(at)kioi-hall.or.jp [(at)を半角の@に直してお送りください]
出演者プロフィール
  • 大西宇宙(バリトン)Takaoki Onishi, <i>baritone</i>

    (C) Dario Acosta

    大西宇宙(バリトン)Takaoki Onishi, baritone

    武蔵野音楽大学及び大学院、ジュリアード音楽院を卒業。シカゴ・リリック歌劇場にて研鑽。
    第30回五島記念文化賞 オペラ新人賞、第30回日本製鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞を受賞。2019年、セイジ・オザワ松本フェスティバルにてルイージ指揮《エフゲニー・オネーギン》にてタイトルロールを務め、日本でオペラデビュー。P.ヤルヴィ指揮NHK交響楽団《フィデリオ》(演奏会形式)、鈴木優人指揮BCJ《リナルド》、沼尻竜典指揮《ローエングリン》等に出演。海外オペラでは、原田慶太楼指揮ノースカロライナ歌劇場の《カルメン》《道化師》等。オーケストラとの共演では、カーネギーホールにてニューヨーク・オラトリオ協会のシベリウス《クッレルヴォ》交響曲、《ドイツ・レクイエム》にソリストとして出演。日本ではプレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団《イオランタ》(演奏会形式)、高関健指揮 京都市交響楽団《戦争レクイエム》、飯森範親指揮いずみシンフォニエッタ大阪とマーラーの《大地の歌》(川島素晴編)の初演、ツェムリンスキー《抒情交響曲》、原田慶太楼指揮東京交響楽団とヴォーン・ウィリアムズ《海の交響曲》等で、常に高評を得ている。
    公式ホームページ https://www.takaokionishi.com/

  • 小林道夫(ピアノ)Michio Kobayashi, <i>piano</i>

    小林道夫(ピアノ)Michio Kobayashi, piano

    1933年1月3日東京都世田谷区生まれ。都立小山台高校を経て、東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。ドイツのデトモルト音楽大学に留学、幅広く研鑽を積む。帰国後はチェンバロ、ピアノ、室内楽、指揮など多方面にわたり活躍、特にバッハ、モーツァルト、シューベルトの解釈、演奏は高く評価されている。1970年には東京藝術大学バッハカンタータクラブの指揮者に迎えられ、後の日本のバッハ演奏の中心的な存在になる演奏家を数多く育てた。数多くの世界的名演奏家たちとも共演を重ねており、最も経験豊かな音楽家のひとり。
    1956年毎日音楽賞・新人奨励賞、1970年第1回鳥井音楽賞(現サントリー音楽賞)、1972年ザルツブルク国際モーツァルテウム財団モーツァルト記念メダル、1979年モービル音楽賞を受賞。
    1975年「清里音楽祭」を創設し音楽監督(~2004年の第30回で終了)を、1981年から「ゆふいん音楽祭」にも参加し音楽アドバイザー(2004~2009)を務め、地域の音楽振興に長年に亘り尽力した。
    国立音楽大学大学院教授、東京藝術大学客員教授、大阪芸術大学大学院教授を歴任し、現在、大分県立芸術文化短期大学客員教授。