邦楽 明日への扉
第2回 邦楽四重奏団(三曲)

2023年2月25日(土) 開演:14時

  • 主催公演
  • 邦楽
  • 紀尾井小ホール

主催:日本製鉄文化財団

協力:森永製菓株式会社

“いま”をつくる、“明日”を切り開く
古典から最先端まで、時代の音楽を追求する四人組
第2回は、現代邦楽の創造と演奏を目的に結成された「邦楽四重奏団」です。古典はもちろん、下山一二三・野田暉行ら邦人現代作曲家、さらにクセナキスまで、「いま」の感性で邦楽を追求する箏・三味線・尺八の四人組です。結成から10年余り。腕利きたちが描き出す、邦楽の新境地に注目です。



新シリーズ「邦楽 明日への扉」に寄せて

これまで、「邦楽探検 詞章の謎」「音楽でつづる文学」「紀尾井たっぷり名曲」「午後の音楽会」など、様々な視点と斬新なアプローチによって、日本の伝統芸能ジャンルの真価と可能性を探求する意欲的な公演を開催してきた日本製鉄文化財団が、全く新たなシリーズとなる「邦楽 明日への扉」を来年1月からスタートします。
(紀尾井だより156号 文:藤本草)

※記事の全文は画面右のPDF、またはこちらからご覧いただけます。

感染症拡大防止対策へのご協力のお願い
公演にお越しいただく皆さまには、会場内外での感染防止対策にご協力をお願いいたします。
次のリンクから当ホールの対策、お客様へお願いする事項を必ず事前にご確認ください。
 

紀尾井みらいシート のごあんない
 

紀尾井ホール・日本製鉄文化財団では若い世代の方に生演奏の感動を体験していただくための「紀尾井みらいシート」を設けています。
小学生から高校生の皆さんを対象に本公演にご招待します。

 

対  象
 
小学1年生から高校3年生(保護者とペア)
※中学生・高校生は保護者の承諾により本人のみでの申込みも可。
ご招待席数 6席
募集期間 12月8日(木)正午 ~ 2023年1月25日(水)正午
当選通知 締切後1週間以内をめどにお知らせします。
応募方法
 
こちらのページを開いてよくお読みいただき、応募ページからご応募ください。

 

出演者
邦楽四重奏団(箏・三絃・十七絃:平田紀子/寺井結子/中島裕康、尺八:黒田鈴尊)
曲目
  • 三ツ橋勾当作曲「松竹梅」
  • 下山一二三:巫覡~尺八・二面の箏・十七絃の為の~
  • 野田暉行:尺八、二面の箏のための「春の調」
  • クセナキス:NYUYO 入陽
  • 旭井翔一:邦楽四重奏曲
チケット料金(税込)
全席指定 3,000円
U29   1,000円

2公演セット券 5,000円(1/8&2/25)
※2公演同一座席となります。
※2公演セット券購入はこちらのページの「セット券」タブをクリックしてください。

U29は公演当日に29歳以下の方を対象とした優待料金です。詳しくはこちらをご覧下さい。
・会場販売の当日券は、各券種+500円となります(各種割引の適用外)。ご来場者情報をご記入いただきます。

※公演中止以外での払い戻しはいたしません。やむを得ない事情により公演中止となる場合には、チケット購入者へ券面表示金額にて払戻しいたします。
※曲目・曲順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。
※乳幼児等未就学のお客様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。
※車いす席をご希望の方はwebticket(at)kioi-hall.or.jp [(at)を半角の@に直してお送りください]にてお申込みください。スペースに限りがありますので、ご来場の際は事前に必ずご相談ください。
チケット発売日
セット券 2022年10月27日(木) 正午 ※紀尾井ホールウェブチケットのみ取扱い
単券 2022年12月8日(木) 正午
チケットお取扱い

チケットぴあ(Pコード:223218 チケットぴあ購入ページセブンイレブン店頭購入方法

紀尾井ホールウェブチケット

お問合せ
紀尾井ホールウェブチケット こちらのお問合せフォームをご利用ください。
出演者プロフィール
  • 邦楽四重奏団

    2011年春、東京藝術大学邦楽科卒業の四人(箏・三絃・十七絃:平田紀子/寺井結子/中島裕康、尺八:黒田鈴尊)により結成されたカルテット。
    「日本の伝統楽器で“今”と“これから”の音楽を創る」というコンセプトのもと、「作曲家への新作委嘱=“今”と“これから”の邦楽を探求するための作曲家との共同活動」、「1960年代以降に作曲された現代邦楽名作群の再演」、そしてそれらの根幹となる「伝統的な三曲合奏(三絃・箏・尺八による古典合奏)」の三つの視座から活動を展開し、これまでに12回の定期公演を東京で開催している。
    2015年NHK-FM放送「邦楽のひととき」にて野田暉行/松の曲(1976)を演奏。
    2016年11月には1stCD「邦楽四重奏団 野田暉行邦楽作品集」(コジマ録音ALM RECORDS)を発売し、『レコード芸術』(音楽之友社/2016年12月号)にて特選盤、『音楽現代』(芸術現代社/2017年1月号)にて推薦盤に選ばれる。
    同年「邦楽四重奏団プレイズ 下山一二三 邦楽個展」(企画:山本和智)、2017年「未来に伝える三善晃の世界Ⅱ」に出演、2017年にはニューヨーク公演(Asia Society・国際交流基金主催)を開催。2019年真庭市久世エスパスセンターでの三井住友海上文化財団ときめくひととき公演出演。2020年札幌コンサートホールkitaraランチコンサート出演、蔵王町ふるさと文化会館での三井住友海上文化財団ときめくひととき公演出演。
    https://hougakuquartet.com

    邦楽四重奏団

    邦楽四重奏団

    ©堀田力丸

  • 平田 紀子 Noriko HIRATA

    ©ヒダキトモコ

    平田 紀子 Noriko HIRATA

    大阪府出身。永田文子、深海さとみに師事。東京藝術大学卒業。在学中、宮城賞受賞。卒業に際しアカンサス音楽賞、同声会賞受賞。宮城道雄記念コンクール・賢順記念くるめ全国箏曲祭コンクール・利根英法記念邦楽コンクールで1位受賞。アンサンブル室町「東方綺譚」公演で第13回佐治敬三賞受賞。CD「この音とまれ!時瀬高等学校箏曲部」で第72回文化庁芸術祭レコード部門優秀賞受賞。日本音楽コンクールをはじめとする作曲コンクールでの審査演奏に携わる。音楽祭、シンポジウムなどで各種箏の独奏をつとめ、様々な国の邦楽作品を紹介しながら邦楽器の魅力と音楽性を発信することに力を入れている。
    日本音楽の教育と研究をつなぐ会会員。箏曲宮城会教師。2015〜17年度東京藝術大学教育研究助手、18〜19年度同大学非常勤講師。

  • 寺井結子 Yuiko TERAI

    ©Ayane Shindo

    寺井結子 Yuiko TERAI

    福島市出身。遠藤千晶に師事。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。在学中宮城賞、同声会賞受賞。同大学院音楽研究科修士課程修了。NHK邦楽技能者育成会第55期修了。第17回賢順記念くるめ全国箏曲祭コンクール第2位受賞。NHK邦楽オーディション合格。NHK-FM「邦楽のひととき」「邦楽百番」出演。
    「和楽器ルネサンス」(2018年)にて一柳慧作曲『密度』を、「ぎふ未来音楽展」(2019年)にて『秋の連歌―箏独奏のための―』『臨界域―三絃独奏のためのー』を演奏し作曲家自身の助言を受け研究、研鑽を積む。これを契機に一柳氏の音楽に共感を覚え、2021年にCD「寺井結子プレイズ一柳慧邦楽作品集」(カメラータ・トウキョウ)を発売。『レコード芸術』2022年1月号にて“特選盤”、『音楽現代』2022年2月号にて“推薦盤”、読売新聞や朝日新聞でも取り上げられる等、現在好評発売中。
    古典から現代作品まで幅広く取り組むと同時に、邦楽の普及のための教育活動も積極的に行い、日本独自の音楽の魅力を広めるために活動している。
    生田流箏曲宮城社大師範。(公社)日本三曲協会所属。https://yuiko-terai.com/

  • 中島裕康 Hiroyasu NAKAJIMA

    ©Ayane Shindo

    中島裕康 Hiroyasu NAKAJIMA

    後藤すみ子、樋口雅礼瑤、浜根由香の各氏に師事。東京藝術大学卒業。大学卒業時に皇居桃華楽堂にて御前演奏をする。第38回茨城県新人演奏会新人賞を受賞。第20回賢順記念くるめ全国箏曲祭コンクール賢順賞受賞。NHK-FM「邦楽のひととき」、NHK-Eテレ「にっぽんの芸能」に箏独奏で出演。2016年に「第1回箏リサイタル」を東京文化会館で開催。新橋演舞場に於て市川猿之助「黒塚」、歌舞伎座にて人間国宝・坂東玉三郎「楊貴妃」「二人静」、市川海老蔵「雪月花三景」に出演。2018年「第2回箏リサイタル」を浜離宮朝日ホールで開催。2021年東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C バッハからコンテンポラリーへ」出演。2022年「第4回箏リサイタル」を東京文化会館で開催。同年秋より茨城、群馬、長野、静岡、富山で「箏リサイタルツアー2022〜2023」を開催。正派邦楽会師範(雅号:中島雅裕)

  • 黒田鈴尊 Reison KURODA

    ©Ayane Shindo

    黒田鈴尊 Reison KURODA

    人間国宝・二代青木鈴慕、三代青木鈴慕に師事。早稲田大学人間科学部、東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。第二回利根英法記念邦楽コンクール最優秀賞受賞。 国際尺八コンクール2018 in ロンドン優勝。国際現代音楽祭・ARS MUSICAにて武満徹"November Steps"のソリスト。その他、山本和智、Claude Ledoux、Dennis Levaillant、Rafael Nasiff各氏の新作尺八協奏曲を世界初演するなど、オーケストラと尺八による新たな音楽世界の開拓にも力を注ぐ。
    世界中の音楽祭等での独演会や数多くの委嘱、ジャンルを横断する活動を通じて、尺八の今とこれからの無限の可能性を追求している。アンサンブル室町(佐治敬三賞受賞)、邦楽四重奏団、1÷0 、RigarohieSメンバー。令和元年度文化庁文化交流使。
    reisonkuroda.com

関連公演