<三年連続シリーズ>
和生・勘十郎・玉男三人会 第三回
「一谷嫩軍記 熊谷陣屋の段」
「伽羅先代萩 政岡忠義の段」

2024年9月24日(火) 開演:18時30分

  • 主催公演
  • 邦楽
  • 紀尾井ホール

主催:日本製鉄文化財団

紀尾井文楽、開幕。
人形遣いの巨星たち、吉田和生、桐竹勘十郎、吉田玉男がそろい踏み
3年にわたってお贈りするシリーズ3年目は、吉田玉男が選ぶここでしか観られない二番

紀尾井みらいシート のごあんない

紀尾井ホール・日本製鉄文化財団では若い世代の方に生演奏の感動を体験していただくための「紀尾井みらいシート」を設けています。
小学生から高校生の皆さんを対象に本公演にご招待します。
対  象 小学1年生から高校3年生(保護者とペア) ※中学生・高校生は保護者の承諾により本人のみでの申込みも可。
ご招待席数 8席
募集期間 2024年5月30日(木)正午 ~ 2024年8月24日(土)正午
当選通知 締切後1週間以内をめどにお知らせします。
応募方法 こちらのページを開いてよくお読みいただき、応募ページからご応募ください。
出演者
竹本千歳太夫、豊竹呂勢太夫(太夫)、豊澤富助、竹澤宗助(三味線)、吉田和生、桐竹勘十郎、吉田玉男、吉田玉翔、吉田簑紫郎、桐竹勘介、吉田玉路、吉田玉佳、吉田簑太郎、桐竹勘次郎、吉田和馬、吉田玉峻、吉田玉延、桐竹勘昇、吉田和登(人形)、望月太明藏社中(お囃子)
曲目
  • 一谷嫩軍記 熊谷陣屋の段
    太 夫 竹本千歳太夫
    三味線 豊澤富助

    人形
    熊谷次郎直実 吉田玉男
    妻相模  吉田和生
    堤軍次  吉田玉翔
    藤の局  桐竹勘十郎
  • 伽羅先代萩 政岡忠義の段
    太 夫 豊竹呂勢太夫
    三味線 竹澤宗助

    人形
    乳人政岡 吉田玉男
    八汐   桐竹勘十郎
    栄御前  吉田和生
    沖の井  吉田簑紫郎
    鶴喜代君 桐竹勘介
    千松   吉田玉路
    腰元   大ぜい

  • 人形部 吉田玉佳、吉田簑太郎、桐竹勘次郎、吉田和馬、吉田玉峻、吉田玉延、桐竹勘昇、吉田和登
    お囃子 望月太明藏社中
  • 座談会
    吉田和生、桐竹勘十郎、吉田玉男
チケット料金(税込)
全席指定
SS席   13,000円
S席    10,000円
注釈付S席 10,000円
A席    7,000円
注釈付A席 7,000円
B席    5,000円
注釈付B席 5,000円
U29B席   2,500円
U29注釈B席 2,500円

配席表はこちら

・発券時に所定の手数料がかかります。手数料はお支払方法により異なります。
U29は公演当日に29歳以下の方を対象とした優待料金です。詳しくはこちらをご覧下さい。
・注釈付席(1階BL・BR席および2階席)は、舞台の一部が見えにくいお座席です。
・会場販売の当日券は、各券種+500円となります。(各種割引の適用外)

※曲目・曲順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。
※乳幼児等未就学のお客様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。
※公演中止以外での払い戻しはいたしません。やむを得ない事情により公演中止となる場合には、チケット購入者へ券面表示金額にて払戻しいたします。
チケット発売日
2024年5月30日(木)正午
チケットお取扱い

紀尾井ホールウェブチケット

チケットぴあ(Pコード:525-758 購入ページ セブンイレブン店頭購入方法

CNプレイガイド

お問合せ
紀尾井ホールウェブチケット こちらのお問合せフォームをご利用ください。
出演者プロフィール
  • 吉田和生(よしだかずお)

    吉田和生(よしだかずお)

    昭和42年吉田文雀に入門、吉田和生と名のる。同43年大阪毎日ホールにおいて初舞台。平成2年度文楽協会賞受賞。同15年度大阪文化祭賞受賞。同18年第25回国立劇場文楽賞文楽優秀賞受賞。同26年第64回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。同27年第34回国立劇場文楽賞文楽大賞受賞。同29年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。同30年第53回大阪市市民表彰。令和元年旭日小綬章受章。

  • 桐竹勘十郎(きりたけかんじゅうろう)

    桐竹勘十郎(きりたけかんじゅうろう)

    昭和42年3代吉田簑助に師事、吉田簑太郎と名のる。同43年文楽協会技芸員となる。同61年第3回咲くやこの花賞受賞。平成11年第20回松尾芸能賞(優秀賞)受賞。同15年3代桐竹勘十郎を襲名。同20年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。同年紫綬褒章受章。同22年第66回日本芸術院賞受賞。同年大阪市市民表彰。同24年大阪文化賞受賞。同25年第32回国立劇場文楽賞文楽特別賞受賞。同28年第57回毎日芸術賞(演劇・邦舞・演芸部門)受賞。同30年第38回伝統文化ポーラ賞優秀賞受賞。令和3年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。

  • 吉田玉男(よしだたまお)

    吉田玉男(よしだたまお)

    昭和43年吉田玉男に入門、吉田玉女と名のる。同44年朝日座で初舞台。平成4年府民劇場賞(奨励賞)受賞。同5年関西芸術大賞ゴールデン賞受賞。同24年第32回伝統文化ポーラ賞優秀賞受賞。同26年第70回日本芸術院賞受賞。同年八尾市文化賞受賞。同27年2代目吉田玉男を襲名。同年第50回大阪市市民表彰。同27年度関西元気文化圏賞受賞。同27年度大阪文化祭賞受賞。令和2年紫綬褒章受章。同年第39回(令和元年度)国立劇場文楽賞文楽優秀賞受賞。同5年松尾芸能賞優秀賞受賞。同5年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。