アーカイブ配信「紀尾井の!どこでも邦楽 」

これまでに開催した邦楽主催公演から28作品のアーカイブ有料配信を開始します。
動画配信プラットフォーム「観劇三昧」にて、懐かしいあの公演を是非、オンラインでお楽しみください。

 

 

名人の至芸をきく会シリーズ

常磐津一巴太夫をきく会
2013年2月26日
常磐津一巴太夫をきく会
杵屋淨貢をきく会
2013年9月27日
杵屋淨貢をきく会
堅田喜三久をきく会
2014年9月23日
堅田喜三久をきく会
鳥羽屋里長をきく会
2015年4月28日
鳥羽屋里長をきく会

 

今藤美佐緒をきく会
2015年11月19日
今藤美佐緒をきく会
杵屋勝国をきく会
2016年7月5日
杵屋勝国をきく会

 

邦楽 華麗なる技シリーズ

第二回 長唄
合奏の極致「合方」の陶酔
2011年12月16日
第二回 長唄
合奏の極致「合方」の陶酔
第三回 箏曲 「間奏」の喜び
2012年5月17日
第三回 箏曲
「間奏」の喜び
第四回 邦楽囃子 「リズム」の饗宴と調和
2012年6月26日
第四回 邦楽囃子
「リズム」の饗宴と調和
第五回 琵琶 弾き語りの様式美
2013年5月25日
第五回 琵琶
弾き語りの様式美

 

第六回 尺八 自然が生んだ深遠なる響き
2013年7月9日
第六回 尺八
自然が生んだ深遠なる響き
第七回 地歌 地の香りと躍動~三味線の原典
2014年7月24日
第七回 地歌
地の香りと躍動~三味線の原典
第八回 篠笛 間合いの美学 現れる人間性
2014年10月30日
第八回 篠笛
間合いの美学 現れる人間性
第九回 常磐津節 歌・語り・台詞で魅せる江戸の粋
2015年5月29日
第九回 常磐津節
歌・語り・台詞で魅せる江戸の粋

 

第十一回 新内節 哀切と誠実の美学
2016年6月22日
第十一回 新内節
哀切と誠実の美学
第十二回 胡弓 間をつなぎ、間をつくる愁いと優しさ
2016年9月20日
第十二回 胡弓
間をつなぎ、間をつくる愁いと優しさ
第十三回 琉球古典芸能 華やぎの声と舞の技
2017年11月14日
第十三回 琉球古典芸能
華やぎの声と舞の技
第十五回 掛け合い
2019年1月24日
第十五回 掛け合い
 

 

江戸三味線音楽の変遷シリーズ

第1回 江戸三味線の黎明期
2015年1月29日
第1回 江戸三味線の黎明期
第2回 元禄文化の終焉
2015年2月14日
第2回 元禄文化の終焉
第3回 邦楽百花繚乱その一
2016年1月25日
第3回 邦楽百花繚乱その一
第4回 邦楽百花繚乱その二
2016年2月27日
第4回 邦楽百花繚乱その二

 

第5回 庶民の音楽の流行
2017年1月27日
第5回 庶民の音楽の流行
第6回 長唄全盛期
2017年2月27日
第6回 長唄全盛期
第7回 美意識の発露
2018年1月25日
第7回 美意識の発露
第8回 新時代の門口
2018年2月27日
第8回 新時代の門口

 

第9回 文明開化到来
2018年4月26日
第9回 文明開化到来
第10回 暗中模索からの脱却
2018年5月28日
第10回 暗中模索からの脱却

 

料金

各公演(1公演ごとの個別購入)
3日間/ 500円(期間中何度でも視聴可能)
14日間/1,000円(期間中何度でも視聴可能)

視聴方法

1. にアカウント登録(無料)してログイン

推奨するパソコンの環境について
 
※個別購入作品のご視聴には、アカウントの登録(無料)が必要です。
※以下のURLから「フリー会員」のご登録をお願いします。
https://v2.kan-geki.com/user/setting/signup
※紀尾井ホールの作品はいずれも個別購入作品です。

2.上記視聴したい公演のをクリック

購入プランを選び、支払い情報を入力し、「支払う」ボタンをクリック。
※決済方法はクレジット決済及びコンビニ決済がお選びいただけます。
 

こちらから「観劇三昧」内、紀尾井ホール公演一覧へアクセスすることもできます

https://bit.ly/3jsgBwR

3.作品をお楽しみください!

購入後に、『[観劇三昧]ご注文ありがとうございます。』という件名の自動返信メールにて視聴URLが送られてくるので、メールに記載されている視聴URLをクリックしてご視聴ください。
※購入された作品の一覧は、 右上のアイコンをクリックして「マイアカウント」のページにアクセスし、「購入履歴」の「個別購入」をクリックすると表示されます。
※個別購入作品のご視聴は、現在WEB版のみご利用いただけます。
 
ご視聴に関するお問い合わせはこちら
https://v2.kan-geki.com/contact
◆本配信は、文化庁の令和二年度戦略的芸術文化創造事業「文化芸術収益力強化事業」(EPAD)の一環です。
EPADについて(外部リンク)