【主催公演 発売情報】1月25日(土)発売
紀尾井ホール室内管弦楽団 第121回定期演奏会

主催公演2020年1月20日

1月22日(水)友の会・定期会員優先発売
1月25日(土)一般発売

創設25周年の幕開けは華やかなオラトリオで名匠ヘンヒェンと寿ぐ。
2020年度の定期演奏会は、記念の年にふさわしいハイドンの華やかなオラトリオ《天地創造》で幕を開けます。

ハイドンの最高傑作と称えられるこの作品は、旧約聖書の『創世記』とミルトンの『失楽園』をベースとしており、全3部の内、第1部と第2部は天地創造の6日間を、第3部は楽園に暮らすアダムとイヴの愛を描いています。

輝きにあふれた世界が、壮大かつ感動的に表現されるだけでなく、ハイドンの作曲技法の粋ともいえる緻密なフーガをはじめ、秩序と混沌や嵐や雷、雨、また鳥やライオン、馬、はては虫までを音楽によって描写するなど、さまざまなアイディアや楽しみを盛り込んだ作品です。

2003年に紀尾井シンフォニエッタ東京(当時)にデビューして以来、いくつかの大作を共演してきた名匠ハルトムート・ヘンヒェンを9年ぶりに指揮台に迎え、3名の独唱、混声合唱、そして聴衆の皆さんとともに、KCOの25年前の「始まり」と、新たな時代の「始まり」を寿ぎます。

詳しくはこちら
2020年4月24日(金)19時開演
2020年4月25日(土)14時開演
紀尾井ホール室内管弦楽団 第121回定期演奏会

定期会員・セレクト3も受付中!