2022年度よりトレヴァー・ピノックが当団第3代首席指揮者に就任

紀尾井ホール室内管弦楽団(KCO)は第2代首席指揮者ライナー・ホーネック氏の任期満了を受け、2022年度よりトレヴァー・ピノック氏を第3代首席指揮者として迎えることを決定いたしました。 トレヴァー・ピノック氏がKCOにデビューしたのは、旧紀尾井シンフォニエッタ東京時代の2004年10月(第46回定期演奏会)。以後、2020年2月の特別演奏会を含む計5回の客演を経て、2022年度シーズンより3年間、定期演奏会年2回出演の契約でKCO第3代首席指揮者に就任します。
1970年代からのイングリッシュ・コンサートでの華々しい活躍をはじめ、現在に至るピリオド楽器・ピリオド音楽のムーヴメントを作り、かつ今日まで牽引し続けてきた深い経験と知識をKCOにもたらすこと。そして同時に、作品の躍動感や流れを活かした氏ならでは爽やかな音楽表現、さらに得意のバロックや古典派にとどまらず、また器楽から声楽まで広範なレパートリーを持つピノック氏の豊かな創造性をKCOとともに日本の音楽ファンにお届けすること ――― ホーネック氏(2022年度より名誉指揮者に就任)と築いた成果の上に、ピノック氏とのパートナーシップをさらに積み上げてゆくことで、KCOの一層の充実を皆さまにお届けできればと願っております。
 

トレヴァー・ピノック

Trevor Pinnock

トレヴァー・ピノック
1946年生まれ。チェンバロ奏者としての活動とともに、1972年にピリオド楽器オーケストラ「イングリッシュ・コンサート」を創設し30年間率いてきた。2003年以降は活動の幅を広げ、指揮、独奏、室内楽や数々の教育プロジェクトなどで活躍している。特に指揮者としては2011~2015年シーズンに首席客演指揮者を務めたモーツァルテウム管弦楽団をはじめ、ドイツ・カンマーフィル、ロス・フィル、ゲヴァントハウス管、コンセルトヘボウ管、フランス国⽴管、サンタ・チェチーリア管ほかに定期的に出演。2006年には自身の60歳の記念にヨーロピアン・ブランデンブルク・アンサンブルを創設。彼らと録⾳した《ブランデンブルク協奏曲》全曲のディスクは2008年のグラモフォン・アワードに輝いた。
2021年7月にリトアニアのN žemė国際音楽祭でヘンデルの歌劇《アシスとガラテア》を指揮した。
1992年大英帝国勲章CBE、1998年フランス芸術文化勲章オフィシエ受章。

写真:Gerard Collett

 
首席指揮者就任にあたってのごあいさつ
 
この度、紀尾井ホール室内管弦楽団の首席指揮者に就任することをとても嬉しく、そして光栄に思っております。
私にとって、このオーケストラの音楽家たちとご一緒するのは、日本を訪れる中で常にもっとも重要なことでした。
私たちはこれまで17年間にもわたって共演を重ねることで、音楽作りにおいても、また大きく異なる文化を持つ人間同士としても、互いの理解と信頼を成長させてきました。
中でも、KCOとは音楽上の共通点がとても多く、共同作業を通じて互いの感情や感動を分かち合う体験を積んでこられたのは、最もエキサイティングで満足していることのひとつです。
共に音楽を作っていく過程において人間的な側面は深く重要です。日本人と英国人という異なる文化的伝統を持つ私たちが、にもかかわらず一致した表現方法を見出せるような音楽や我々の共有の人間性を探求することはきわめて意義深いことです。
2022年から始まる日本の仲間との特別な旅が今から楽しみでなりません。そして私たちは、聴衆の皆さまにとても素晴らしいものをお届けできると確信しています。

トレヴァー・ピノック