■■■ 特 集 ■■■
日鉄ソリューションズ プレゼンツ
紀尾井ホール室内管弦楽団特別演奏会
KCO名曲スペシャル

ニューイヤー・コンサート2023

協賛:日鉄ソリューションズ株式会社

協賛:日鉄ソリューションズ株式会社

紀尾井ホール室内管弦楽団名誉指揮者ライナー・ホーネックとともに
お贈りする 紀尾井ホール室内管弦楽団の新企画
『KCO名曲スペシャル ニューイヤー・コンサート』。
クラシックの名作とウィーン名物のワルツやポルカを集めた
どなたでも楽しめるプログラムで、新年をお祝いします。
〔3日間 同一プログラム〕
 
■公演日時

★ 日付をクリックすると各日公演情報のページが開きます。
★ プログラム(すべての演奏曲目)は、各日公演情報のページでご覧いただけます。

■チケットのお申込み

紀尾井ホールウェブチケット 紀尾井ホールウェブチケットはこちら
チケットぴあ(Pコード:224407) ぴあ 購入ページ セブンイレブン店頭購入方法
イープラス イープラス購入ページ ファミリーマート店頭購入方法

★「U29 A席」「S席 こども招待」は、紀尾井ホールウェブチケットのみで取扱い

こども招待の残席状況(12/6(火)現在)


チラシのダウンロード(PDF:2MB)

詳細はここをクリック/タップ

聴きどころ

コンサートは、ヨーロッパで子どもたちが初めて見るオペラとして人気が高いモーツァルトの《魔笛》序曲で始まります。
 
続いてこの序曲や「ドン・ジョヴァンニ」などのメロディーを使ってモーツァルトのオペラを楽しくまとめたランナーの《モーツァルト党》、そして名手ホーネックのヴァイオリンの技が光るモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第1番へと続きます。
 
後半には、ウィンナワルツの傑作《レモンの花咲くところ》《南国のバラ》とともに、《チクタク・ポルカ》《観光列車》新ピチカート・ポルカなど楽しいポルカの数々でお楽しみいただきます。
 
「紀尾井だよりVol. 156/2022年11・12月号」に掲載しているライナー・ホーネックへのインタビューでは、音楽ライターの宮本明さんが紀尾井ホール室内管弦楽団との5年間と今回のニューイヤー・コンサートへ向けての想いを伺っています。
右のPDFからお読みいただけます。
詳細はここをクリック/タップ

ライナー・ホーネックについて

●紀尾井ホール室内管弦楽団 名誉指揮者 ライナー・ホーネックを迎えて

ニューイヤー・コンサートの指揮と独奏ヴァイオリンには、紀尾井ホール室内管弦楽団(KCO)名誉指揮者のライナー・ホーネックを迎えます。
ライナー・ホーネックは、1992年から30年にわたって世界のオーケストラの最高峰に君臨するウィーン・フィルを率いるコンサートマスターを務め、2016年度から21年度までKCO首席指揮者として、「ウィーンの響き」の秘密を当団に伝授、強い絆で結ばれています。2022年からはKCO名誉指揮者として、ウィーンの息吹を送り込み続けてもらいます。
 

●ライナー・ホーネックの本拠、ウィーン・フィルといえばニューイヤー・コンサート!

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートは、ウィーン・フィルと関わりが深い世界の著名な指揮者を招いて、ウィンナ・ワルツの名曲の数々や軽妙なポルカなどの音楽を楽しみながら新年を祝うコンサート。毎年元日11時に行われる公演は、オーストリア放送から世界各国に中継され、世界中の人々から深く愛されるとともに、ウィーン・フィルのファン層を広げています。日本では毎年NHKがウィーンでのコンサートの模様を生中継して放送しています。ウィーン・フィルの本拠地・ウィーン楽友協会で新年にこのコンサートを鑑賞するのが、世界の数多くの音楽ファンの夢でもあります。そんな憧れのニューイヤー・コンサートで、コンサートマスターとしてオーケストラを率いてきた一人が、ライナー・ホーネックです。
 

●ウィーンで引き継がれるストラディヴァリウスの音色を紀尾井ホールで

ウィーン・フィルには現在3名のコンサートマスターがおり、それぞれにオーストリア銀行からヴァイオリンの銘器・ストラディヴァリウスが貸与されています。ライナー・ホーネックには以前から「エックス・ハンメルレ」と名付けられた楽器を貸出されていましたが、ライナー・キュッヒルのウィーン・フィル引退後、キュッヒルが使っていた「シャコンヌ」の愛称を持つ楽器を受け継ぎました。ちなみに、「エックス・ハンメルレ」は、現在、ウィーン・フィルで初めての女性コンサートマスターとして活躍しているアルベナ・ダナイローヴァ(=ライナー・ホーネック夫人)が使用しています。
今回、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲では、ホーネックの技とともに、紀尾井ホールに響く艶やかなストラディヴァリウスの音色をご自身の耳で体験してください。

詳細はここをクリック/タップ

18歳以下なら、全S席エリアから座席を選べる「こども招待」で

この公演では、小学生以上 18歳以下の皆さま各日120名様を招待します(文化庁 子供文化芸術支援事業)。
 
申込みは2段階。

(1)まず「紀尾井ホールウェブチケット」で座席を予約・発券します。販売しているS席エリアすべてから自由にお好きな座席を選び、「S席こども招待 0円」で予約します(別途、システム利用料、発券手数料等の手数料が掛かります)。
(2)予約発券後、お名前・生年月日など必要事項を「招待情報登録フォーム(Googleフォーム)」に入力して、すべての手続きが完了します。

 
くわしい申込み方法はこちらで必ずご確認ください。
 
また、当財団では若い世代の音楽鑑賞を支援するために、29歳以下の方を対象に、U29 A席をご用意しています。19歳以上29歳以下の方はぜひこちらをご利用ください。
 

★「紀尾井ホールウェブチケット」のご利用には「利用登録」が必要です。利用登録ガイドはこちらをご覧ください。
詳細はここをクリック/タップ

ホーネックの音楽づくりの秘密を知ろう! …… 公開リハーサルも開催〔1月19日〕

この公演のリハーサルは定期演奏会同様、公演本番の会場と同じ紀尾井ホールでじっくり行います。
ニューイヤー・コンサートでは、1月19日(木)16時30分から1時間、オーケストラ・リハーサルの一部を一般公開します。
公演に向けて最終段階にあたるリハーサルで、ライナー・ホーネックと紀尾井ホール室内管弦楽団の音楽作りの秘密がわかるかも ……

公開リハーサルは、専用ウェブフォームからの事前申込制・入場無料で先着400名さまをご招待します。どなたでもご応募いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

【料金】

S席  10,000円
A席  8,500円

U29 A席  2,000円
S席 こども招待  0円 小学生以上18歳以下対象/文化庁子供文化芸術支援事業
   ★ 「U29 A席」「S席 こども招待」は、紀尾井ホールウェブチケットのみで取扱います。
  1. ※発券時に所定の手数料がかかります。手数料はお支払方法により異なります。
  2. U29は公演当日に29歳以下の方を対象とする優待料金です。詳しくはこちらをご覧ください。
  3. ※会場販売の当日券は、各券種+500円となります(各種割引の適用外)。
  4. ※曲目・曲順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
  5. ※小学生のご鑑賞には保護者(成人)のご同伴をお願いします。
  6. ※乳幼児等未就学のお客様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。
  7. ※不測の事態で公演中止となる可能性がございます。その場合は当サイトにてお知らせいたします。やむを得ない事情により公演中止となる場合には、チケットご購入者に券面表示金額にて払戻します。手数料等の払戻しはございません。また公演中止以外での払戻しはいたしません。予めご了承ください。